PROGRAM

プログラムが¦提供¦すること

開発面・ビジネス面の¦専門家による¦サポート

講義形式によるセッション

ゲーム作品の技術的側面、制作管理、ならびに販売におけるビジネス面をテーマとした講義形式のセッションをメンターにより実施します。

作品のルックを向上させるテクニックや、ローカライズフレンドリーなワークフロー、パブリッシャーとの交渉ポイントなど、さまざまな側面でレクチャーします。

ツールのトレーニング¦セッション

ゲームエンジンやゲーム開発ツールのエキスパートによるトレーニングを行います。
作品のクオリティアップや制作の効率化を目指します。

作品のブラッシュアップ

週1回の制作報告を通じた進捗管理

参加5チームとは、6か月の間開発の進行をサポートします。

期間中に完成させる必要はありませんが、後述のプレゼンに向けてブラッシュアップをします。

1 on 1の相談セッション

開発者が困っていることをあげてもらい、運営からメンターとのオンライン面会セッションを設定します。
ゲームの特定の演出や法的サポート、マーケティングなどのサポートを想定しています。

国内外パブリッシャー・投資家向けピッチの訓練

プログラムの最終目標は、短いプレゼンを英語で行えるようにすることとその実施です。英語を話せる必要はなく、丸暗記でも構わないので、ゲームの魅力を自ら説明できるようにトレーニングします。

人的ネットワーク拡大の支援

メンターを通じて、ゲーム産業のステークホルダーへのハブとなります。

また、他国のインキュベーションプログラムを通じた、チームとの交流を図ります。

デモデーの実施

最終日にはパブリッシャー、投資家を対象としたデモデーを実施します。英語によるピッチと、体験版の配布、交渉などを行います。また、メディア向けのアピールも実施します。

露出・成長機会の提供

世界各国のゲーム展示イベントでの共同出展(オンライン含む)を実施します。具体的なイベントについては追って公開します。

国内外メディアにおける作品の露出機会の用意

プログラムの期間中は、継続的にメディアへの露出機会を提供します。作品の紹介やプログラムでの取り組みを通じたチームのアピールを行います。

プログラム修了後も¦メンター・¦参加チームとの¦交流の場を提供

プログラムは終了してそれっきり、ではありません。メンタリングは終了しますが、そこで培った人の繋がりを生かした活動が可能です。

チームへの要件

  • コアとなるメンバーが18歳以上、日本在住の日本語話者
  • デモまたはバーティカルスライスが動作すること(企画書のみは不可)
  • パブリッシャーと契約書を交わしていない事(交渉中、は可能)
  • 週4時間程度のトレーニングに参加できること
  • 英語能力不問(ただしプログラム内では、英語プレゼンの訓練があります(カンペ読み可))
  • 半年間メンターセッションやトレーニングセッションに参加できること

よくある質問

プログラムを受けた場合、ゲームの内容を指示通りに変えなくてはならないのでしょうか?
いいえ、その必要はありません。あくまでゲーム作品と作家をサポートするプログラムですので、ゲーム内容への直接的な干渉はありません。
プログラム期間中にゲームを完成させなくてはならないのでしょうか?
いいえ、完成の必要はありません。パブリッシャーや投資家へのプレゼンができるレベルを目指して制作していただきます。
ゲームのパブリッシングをしてくれるのでしょうか?
いいえ、本プログラムはパブリッシングを目的として実施するものではありません。
開発予算の提供はありますか?
本プログラムは開発資金の提供を検討しているパブリッシャーや投資家をお繋ぎするプログラムですので、直接の資金提供はございません。(プログラムを最後まで遂行したチームには、参加奨励金を用意しています。)
デザイナーやプログラマー、翻訳などを手伝っていただけるのでしょうか?
直接の人材提供を行うプログラムではありません。
どのくらい時間の拘束がありますか?
週あたりおよそ4時間程度のプログラムとなります。
プログラムには必ず参加しなくてはならないのでしょうか?
本プログラムはスクールではありませんので、個々のセッションへの参加に強制力はありません。
他のクリエイター支援プロジェクトやコンテストと併用可能ですか?
はい、可能です。前述のように資金提供型プログラムではないため、開発に役立つ他のプログラムやコンテストには積極的に申し込んでいただければと思います。参加チームの海外のコンテスト応募は事務局も支援します。
プログラムの参加にあたって、何か提供しなければならないもの(費用・権利その他)はありますか?
いいえ、ありません。ただし、本プログラムの主催である株式会社マーベラスに対しタイトルの開発またはパブリッシングに関する優先交渉権を付与して頂きます。もっとも、同優先交渉権は、必ず株式会社マーベラスを通じてパブリッシングするものではなく、最終的な個別の契約決定権はクリエイターの皆様に委ねられます。
複数のゲームを応募することは可能でしょうか?
応募可能です。

主催・運営について

株式会社マーベラス

多彩な¦コンテンツを¦国内外へ¦展開¦する¦総合¦エンターテイメント¦企業

ゲーム(オンライン、家庭用、アミューズメント)・音楽・映像・舞台などの領域において「驚き」と「感動」を世界に届けるエンターテイメント企業。

https://corp.marv.jp

ルーディムス株式会社

ゲーム、アニメ、¦マンガ等¦コンテンツの¦スペシャリスト¦集団

各種コンテンツビジネスの海外展開のコンサルティング、マッチング、リサーチを主に行っています。

https://www.ludimus.co.jp

株式会社ヘッドハイ

ゲーム開発ツール・¦サービスの¦Developer Relations¦活動を¦行う企業

代表を務める一條貴彰は、インディーゲームクリエイターとして「Back in 1995」「デモリッション ロボッツ K.K.」といった作品を開発しています。

https://head-high.com

本プログラムは、同じくインディーゲームクリエイター向けの支援プログラムである「GameBCN」(スペイン)提携のもと設立されています。「GameBCN」は今年で6期目を迎え、『Aragami』『Etherborn』などのヒットタイトルを生み出しています。